• 物件ストック
  • ようこそゲスト様

会員ログイン

お客様の声

東京都中野区の閑静な住宅街に暮らす、相坂さん一家。”新築一戸建て”、”子供の学区内”と条件を限定しながらも、理想の物件になかなか出会えず、およそ30もの内見を繰り返す日々。そのような状況の中、物件を購入するに至った最終的な決め手について話を聞きました。

こだわりのポイントは子供の学区と2階のリビング

この家を購入したのは今年の8月、暮らし始めたのは9月からです。上の子が保育園に通っているのですが、前の家だと学区の関係でひとりだけ違う小学校になってしまうので、友達と同じ学校に通えるように、この辺りのエリアで物件を探していました。

こだわったポイントは、2階のリビングです。

他にこだわったポイントは、2階のリビングです。子供がいる生活を考えたら、リビングだけではなく、トイレやお風呂など同じ階に何でも揃っているほうがいいなと思いまして。それに1階にリビングがあると、外から見えるじゃないですか。最近は2階にリビングがある物件が増えているらしいのですが、お風呂は1階というものが多くて。ここは2階に全部揃っています。

イメージ通りで不便なことは特にありません。

暮らし始めてから数ヶ月経ちましたけど、イメージ通りで不便なことは特にありません。前の家は3LDKの賃貸マンションで少し手狭に感じていたのですが、いまは1階を来客用、2階は家族全員で過ごす場所、3階にある2部屋を子供部屋といった感じで広々と使っています。活発に遊べるスペースができたので、子供も喜んでいますよ。

日当たりの良さと防犯性の高い窓

たくさん物件を内見したのですが、なかなか条件に合うものがなくて。たまたまこの家の前を通ったときに売り出し中と看板が出ていて、管理している業者に問い合わせをしたら大和アクタスさんでした。私は自営業なのでローンの審査がなかなか通らなかったのですが、担当者の方が丁寧に相談に乗ってくれて、いくつか方法を試してやっと審査が通りました。物件に申込みをしたのが6月、最終的に審査が通ったのは8月です。

子供部屋のクローゼット

家の造りで気に入っているのは、子供部屋のクローゼットです。屋根で斜めになっている部分をクローゼットにしているので、子供が自分でおもちゃを片付けできるサイズ。大きい収納だと勝手に高いところに登って怪我をする可能性がありますから。

日中電気を付けなくてもいいぐらいです

あとは窓の大きさですね。日当たりと風通しが良いので、日中電気を付けなくてもいいぐらいです。1階と2階の窓全てにシャッターがあるので、旅行や実家に帰るときなど、長期間家を空けるときも安心して出かけることができます。

「前のお家といまのお家、どっちに帰りたい?」

土地はないし、改築はできないし、元々マンションを購入するつもりはなくて、最初から一戸建てで考えていました。それに、一戸建てもマンションも値段はあまり変わらないじゃないですか。一から建てるのであれば話は別ですが、一戸建てを購入する分には大きな差はないので。前の家は家賃と駐車場代を合わせたら十数万円。ローンを組むときに大和アクタスさんに計算をしてもらったら、むしろ賃貸マンションのほうが高いくらいだったので。

物件の購入を具体的に考えだしたのは

物件の購入を具体的に考えだしたのは、ちょうど1年くらい前です。上の子が来年小学校に上がるのですが、入学後に転校をさせるのは嫌でしたし、本人が保育園の友達と同じ学校に行きたいと言っていたので、この辺りのエリアで探しました。知らない土地に引越しをして、友達ができなかったら負担になってしまいますから。

上の子が「ここがいい」と言って、それが最終的な決め手になりました。

上の子が「ここがいい」と言って、それが最終的な決め手になりました。30くらい物件を内見したのですが、その中で一番いい反応をして。保育園の帰りに「前のお家といまのお家、どっちに帰りたい?」と聞くと、「こっち!」って答えるんですよ(笑)