menu

不動産建物の耐用年数を理解する 最適な住まい選び

住宅の購入を検討しはじめると、まずプランや間取りを一番に考えたくなるでしょう。どんな住まいにしたいか、どのような間取りの住宅が家族にとって必要で、理想を叶える為には新築にするかまたは中古住宅物件から選ぶか・・・基準は各家族で異なるでしょうが、一戸建てとマンションのどちらにするかという問題は、住まい方や掛かる費用の他に、構造の違いという決定的な相違があります。資産価値を左右する不動産の構造は、そのものの価値算定に大きく関わるため、これから購入する人は後に譲渡する可能性があるかなども考えて、それぞれの耐用年数を理解しておきましょう。また、これから中古物件のなかからいずれかの住宅を購入しようと考えている場合は、その残存価値価格をきちんと把握しておかねばなりません。

○木造住宅の耐用年数は22年

一般的に、木造住宅の法定耐用年数は22年として減価償却されます。しかし、実際には22年以上残存している木造住宅は多いものです。これは税法に則った耐用年数で有って、実際に木造住宅が住むに適している耐用期限ではないことをあらかじめ理解しておきましょう。中古住宅を購入するために、物件の下調べをしていると、築20年を超えるような物件は少なくありません。これらの住宅は、築年数が経過していても、外壁や屋根の張り替え、またメンテナンス次第で、充分に生活できるレベルのものがほとんどです。ただ、建築物件は10年を過ぎるころから設備や内外壁に一定の劣化が生じます。そのため、築10年を超えたあたりをラインとして、市場中古住宅価格が急落する傾向にあります。

●それぞれの設備の耐用年数も知る

住宅はその家の形が残っていれば生活ができるという訳ではありません。住宅の中には、水周りや建具、床下や配管など、さまざまな設備があり、それらが生活に密接に備わることでライフラインを保て、毎日の生活が成り立ちます。住宅そのものの耐用年数と合わせて、設備の耐用期間も理解しておきましょう。中古物件を購入する時には、その物件の築年数が10年以上経過している場合、あらゆる設備のメンテナンスがどの程度行われているかも把握する必要があります。仮に、「現状渡し」の物件として販売されていた中古住宅を購入することになった場合に、購入後すぐに屋根や外壁に損傷や不具合があったとしても、引き渡しをされた後ではその不具合を指摘することができなくなります。最も見えづらいのが、給排水の配管部分です。欠損やひびなどの傷みがある時は、中古住宅販売を担う企業側にきちんと伝えて、メンテナンスを行って引き渡ししてもらうというひと手間を欠かさないようにしましょう。法定耐用年数以上に充分存続できる住宅は珍しくありません。更に住宅を長持ちさせるためには、日頃の軽微なメンテナンスをタイミングよくおこなうという事に尽きます。きちんと補修や改修を実施している物件は、それだけで価値が上昇します。前の物件を「価値あり・メンテ充分」と見なされれば、それだけで譲渡物件の価値は上がりますので、中古住宅を購入するならメンテナンスサイクルと最終実施日、これから売ろうと考えている人なら、これまでに掛かったあらゆる住宅関連費用をまとめて、折衝のタイミングできちんとメリットを高めておくことも大切です。

【著者  長 岡  利 和】

b8d2c173be45c32afb157e654f42e872_s不動産の適切な所得税申告 減価償却費計算の方法

854e611c8d22f28602d193aca8ebb3f3_sマイホームは何歳で購入すべきか 自分の理想と現実を知る

関連記事

  1. 4dcfc3f39209316eddf1dc8b9d91b9c3_s

    マイホーム?それとも賃貸?将来の住まいを考える

    生活を営む上で、住まいは大きな役割を果たします。家族と生活をする基盤となる住宅は、その家族にとって集…

  2. PA151026533579_TP_V4

    マイホームを購入する独身者が急増?買うか借りるか

    マイホームに対する憧れはあるけれど、如何せん結婚もしていないうちに、自分で家を買うなんて…。という発…

  3. SEPsts_TP_V

    マイホームを売却した 損失が出たときの負担解消法は

    例えば、一戸建てを購入したとして、その中古住宅に住まい続けたものの、転勤や住まい方を変える為に売却す…

  4. 1ef5fa573453a8d35ba2e20d2e357c2b_s

    マイホームの設計をデザイナーにお願いするときの注意点

    多くの人が「マイホームはこだわって建てたい…」という思いを一度は抱くでしょう。たとえば、近所におしゃ…

  5. coins-1523383_1280

    所有者は納付を忘れずに 固定資産税納付の期限は

    新たにマイホームを購入した人は、家に必要な設備(電化製品やカーテン、照明器具など)や引っ越し費用、庭…

  6. a2710c480c2a56ec1c9d3dffd858c062_s

    マイホームの実状を知るタイミング 家の強さについて

    日本では、近年非常に大きな地震が頻発しています。その地震頻度は世界的に見ても多いほうで、安心して過ご…

  7. 09e78150d1a000ac86acd263a022b1d5_s

    戸建て購入のメリット マンションとの比較

    新しく生活をスタートさせるため、新居の購入を検討する際には、戸建てにするかそれともマンションにするか…

  8. home-1353389_1280

    マイホーム選びを成功させるには「お付き合いイメージを持つ」

    マイホームを選ぼうとしたとき、自分の望む家のイメージや予算、手にするまでの期間、そしてその後の住まい…

大和アクタス HPバナーLP_banner_02

最近の記事

  1. bfa32053097af111ffff956eb8017ccd_s
  2. 742549
  3. COW121034516_TP_V
  4. SEP_327215200714_TP_V
  5. 31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s
PAGE TOP