menu

固定資産税評価額と不動産取得税の特例

住宅を購入する時には、必ずその対象不動産について税金を納付する義務を負います。税額が大きくなる「固定資産税」「不動産取得税」はあらかじめどの程度の税額になるかを知っておき、納税書類が届いてから慌てないように準備しておきましょう。

また、この二つの税金は特例があり、条件に合致すれば減税対象となるので、特例についてもきちんと把握しておくべきでしょう。
ここでは、固定資産税評価額を元に算出される不動産取得税の特例について紹介します。

○不動産取得税は平成30年まで特例あり
通常、不動産取得税は「固定資産税評価額×4%」で求めます。この不動産取得税は、住宅の新築、土地建物の売買、贈与などによって取得した人に対して課税される地方税です。
都道府県が対象者に納税通知書を送付する流通税ですので、例えば一度購入した住宅を売却して買い戻した時も、同一対象不動産に購入時と買い戻し時に課税されます。
平成30年3月31日までは、税額に対して乗じる課税率4%が3パーセントになります。また、宅地は同日まで、課税標準を2分の1にする特例措置があります。

●新築特例適用住宅とは
家を建てるために土地を取得した時、その土地と建てる住宅の条件によっては更に減税を受けることができます。
新築で家を建てる時、家屋の固定資産税評価額から1200万円を差し引いて3パーセントを掛けた額が家屋に対する不動産取得税となる、新築特例適用住宅は「床面積が50㎡~240㎡」が条件です。
更に、認定長期優良住宅の場合、差し引く額が1300万円となります。建てる家の設備にも関係するため、新築する時はこの条件を考慮して設計、プラン作成を行うと良いでしょう。
また、中古住宅を取得する時も、面積条件は同様であり、なおかつ築年数が20年以内(鉄骨・鉄筋コンクリート造なら25年以内)のもので、一定の耐震基準を満たしていれば、中古特例住宅となります。控除額は新築時期によって異なりますが、平成9年4月1日以降の建築物なら1200万円を差し引いて税額計算をすることができます。
それ以降段階的に控除額が設定されており、昭和51年1月1日より後に建築された物件なら最低でも350万円は、家屋の固定資産税評価額から差し引くことができる仕組みとなっています。

○土地と建物の取得関係と不動産取得税
上物が、新築または中古住宅の特例適用を受ける際は、新築なら土地と建物の取得期間が3年以内、中古住宅なら1年以内に、または一緒に取得することが条件となります。
どのように不動産を購入すれば不動産取得税を節税できるかを考えながら、購入時期を検討すると良いでしょう。

【著  者  長 岡  利 和】

999住宅性のUPのためのオール電化 お風呂も電気代も快適に

f93018d2c1171f4c869635e8ff2beebb_sマイホームの諸費用に注意 固定資産に必要な税金を知る

関連記事

  1. 581b263425827a376bc7ad2e09646a95_s

    マイホーム頭金準備を他力に頼る場合

    自分の城は自分で建てる!と意気込んで頭金の貯金を始めても、現実にはそう簡単に貯蓄が増えるはずもありま…

  2. 1a865cda64726c0b861bbf7f39bf5582_s

    やっぱり欲しいマイホーム!諦めきれないときはどうする?

    毎日の暮らしを支える家。住まう形にこだわりがある人と、それほどでもない人がいるでしょう。マイホームに…

  3. 61e1f4ff4295ca45350c1423181eb41c_s

    マイホームを売却したら確定申告を忘れずに

    給与所得者の人にとってはあまりなじみのない確定申告ですが、マイホームを購入した年、また売却をした年は…

  4. 6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_s

    不動産建物の耐用年数を理解する 最適な住まい選び

    住宅の購入を検討しはじめると、まずプランや間取りを一番に考えたくなるでしょう。どんな住まいにしたいか…

  5. 61-1

    マイホームを実現するために押さえておきたい「割合」

    これからずっと家賃を払って、やどかり生活をすることに不安を感じる人もいるでしょう。反対に、家を借りて…

  6. 3a4d365384c6ca7a51bba458df4c04ba_s

    マイホームにかかる建物以外の費用が意外と多い件

    マイホームを買うつもりなら、ある程度貯金をしてからにすべし!と誰かしらに助言・忠告を受けるでしょう。…

  7. 890a560b7699c38e6622deba60b334ff_s

    媒介契約の種類 売主と買主をつなぐ契約の違いは

    所有している土地建物などの不動産を売却したい人と、それを購入したい人との間をつなぐ不動産取り扱い業者…

  8. PAK85_berandatabakosuuookawa_TP_V

    二世帯住宅に起こりやすいトラブルを避けるためには

    核家族がもはや当たり前にも感じる現代の生活のなかで、親子が一緒に住まう環境を作ることは、老後の不安解…

PAGE TOP