menu

マイホームの資産価値評価の実態は

購入者の一生を左右しかねないマイホーム購入について、国土交通省は、その不動産価値をどう算定して、どのように生かしていくべきかをアンケート調査し、結果をまとめています。
マイホームへのあこがれと、落ち着いた生活を手に入れるために購入を思い立つマイホームユーザーの購入動向とその実態から、土地と建物の関係と資産価値評価の実態についてお話をします。

○「住宅の資産価値に関する研究」
同調査は、平成18年に国土交通省が実施したアンケート調査とその内容をまとめたものです。この調査では冒頭に、マイホームの資産価値、特に市場価格に注目して住宅そのものの価値が正当に評価されているかを調べ、適切な評価につながるために必要な要素を検討したと、その目的を明確にしています。

●新築と中古住宅の違い 住宅の質評価
マイホームを購入しようと思い立ったとき、その多くの人は『新築』を望むケースが非常に多いですが、同調査ではその理由を、市場価格の視点から考察しています。
住宅の質は大きく損なわずに存続している住宅も、その質の評価が正しく行われずに、市場価格では一律に減少していくことを問題にしています。
一度人が住んだ家は、その程度にかかわらず、価格換算した時には築年数で一律に減少評価を行うのが市場の通例で、その質をきちんと価値評価をきちんと価格に反映させるには何が必要なのかを定義しています。

●良質な住宅の建築・維持管理の要素は
資産価値を上げるための要素には、耐久性・耐震性・防火性・防犯性や維持管理の配慮と省エネ性などがあります。ものの良さがそのまま価値評価につながれば問題はありませんが、日本の場合は中古住宅に対する認識と価値評価が低く、スクラップアンドビルドが繰り返されている現状は、日本の住宅取得価格の高さにつながっているともいえるでしょう。
高い技術と四季に対応した日本住宅は、吸湿性や環境順応力も高く、また精巧な作りで、十分な耐用年数を備えているはずです。

●日本の住宅価値評価の実態は 
諸外国では、一度新築した家をメンテナンスして、子孫の世代にまで受け継ぎ、築100年以上の住宅も珍しくありません。一方日本では、中古住宅の価格を決める際には、「不動産価格査定マニュアル」などに沿って価格を決定するとしていますが、販売担当者の相場観や経験をもとにして査定をするのが実情のようです。
一度住まえばその時点で2割ほどの価値減、そののち徐々にマイホームな価値換算は下落していき、木造住宅で20年、RC造で30年建つと、マイホーム自体の資産価値は0になるというのが通例。
 そして、建物よりもその家がある立地が要点となって価格に大きく反映し、見栄えも価値加算の要素だというアンケート結果が出ています。

○省エネ住宅 耐震性への評価
近年では、住宅新築時に長期優良住宅の認定を受けたマイホームは、住宅関連課税が減免されるなどの法的措置をとっていることもあり、長く快適に住まう環境を整えた家づくりに興味が集中しています。
中でも、数度の大地震を経験した後ということもあり、耐震性や光熱費0住宅など、環境に配慮しながらライフラインを保ち、地震に強い(頑丈で簡単に倒壊しない)家の増加が求められています。

●中古住宅も性能と資産価値評価を上げる工夫を
新築時認定のほかに、要介護者や高齢者が住みやすい住宅へのリフォームに対して、国や自治体が補助金を支給するという動きも顕著です。時々に応じて、快適な状態を維持しながら長く住み続け、また中古住宅へのニーズ発掘から、ゆくゆくは空き家問題の改善にもつながっていくことを期待しているようです。
日本は諸外国に比べて、不動産に要する費用割合が高いという統計があります。また、日本人はどこか、新しいもののほうがいいという考え方が根付いているのも、中古住宅への価値を相対的に減少させてしまう理由になっているようです。

【著  者   長 岡  利 和】

02be398abdb8e957b8802dddceaaef95_sマンション・戸建の資産価値にかかわる立地問題

25ca944f8be71fd70afcc275c32b55ae_sマンションとアパート 集合住宅の住まい方と違い

関連記事

  1. ddbd73f0f9e732c28e39b9f95dcf829f_s

    マイホームの意外な節約ポイントは土地にあり

    一戸建て住宅やマンションなど、購入物件のスタイルはいくつかありますが、いずれも購入に踏み切るまでに思…

  2. 59d9930f0edf7f5f5c17d675c8988488_s

    マイホームを後悔しないポイント 狭小住宅という選択

    マイホームを購入するときに、一番問題となるのは土地の確保と購入価格の設定でしょう。最近は、狭小住宅と…

  3. 0151

    住宅性のUPのためのオール電化 お風呂も電気代も快適に

    省エネ住宅という言葉が広く浸透してきてからというもの、新築時に、住宅設備のなかに省エネ設計を組み込む…

  4. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s

    マイホームを手放すときの譲渡所得と特別控除

    住んでいた家を手放す理由は家庭によりけりでしょうが、売却して得る譲渡所得に対して、所得税が課せられる…

  5. 1ef5fa573453a8d35ba2e20d2e357c2b_s

    マイホームの設計をデザイナーにお願いするときの注意点

    多くの人が「マイホームはこだわって建てたい…」という思いを一度は抱くでしょう。たとえば、近所におしゃ…

  6. 7bc665af8aa166443e0cb16bbdb9dfc0_s

    戸建にはどのくらいの維持費がかかる?

    自分の持家を手に入れたいと思った時に、まず「マンションにするか、それとも戸建にするか」購入する住居の…

  7. 0042

    マイホームの購入資金はいくらにする 平均と動向

    マイホームの形態は、マンションや一戸建て、建て売り、注文住宅など様々な購入方法がありますが、実際に住…

  8. a2710c480c2a56ec1c9d3dffd858c062_s

    マイホームの実状を知るタイミング 家の強さについて

    日本では、近年非常に大きな地震が頻発しています。その地震頻度は世界的に見ても多いほうで、安心して過ご…

PAGE TOP