menu

固定資産税の損金算入について 

今回は、住宅をプライベートスペースとしてではなく、会社や事業の一部または全部として使用している建物としてみた場合のお話です。
ここ数年、専業主婦が自宅の一部を開放してカフェを営んだり、趣味や教養の教室をしたりという話をよく聞きませんか。
自宅の一部を事業として使用する場合や、中古住宅を独立起業して活動する場として購入したときは、事業スペースとして申告することができます。
これは、法人なりか、個人事業かという別を問わず、事業収益や経費が発生するために確定申告をする人全てに共通します。税務署で開業届けをした人は、年に一度の確定申告が必須ですから、その時に建物の使用からどれだけの経費を計上できるかということです。

○事業用建物の固定資産税
始めに例を挙げたように、自宅の一部を事業用として使用している場合は、まずその割合をきちんと「居住スペースと事業スペース」に分けて計算する必要があります。確定申告のときはもちろんですが、日常使っている間も、プライベートと仕事はきっちりと按分する、またはそれぞれに目で見て判るように(メーターや使用量を)分けておかねばなりません。
一戸を事業用空間として購入した場合は、その全ての固定資産税は経費扱いになります。経費=損金勘定に組み入れるという意味ですが、経費といえば実際に払ったときに計上するのがセオリー。しかし、固定資産税は年度縛り(年をまたいで請求)されますよね。
事業によっては決算月を設けているかもしれませんが、事業年度が1月から始まるというところも多いでしょう。その時、どのタイミングで固定資産税の損金算入をすればいいのでしょうか。

○固定資産税を損金に立てるタイミングは
固定資産税はその年の1月1日時点の所有者に対して課税されます。しかし、その納付ができるのは実際には4月以降。このタイムラグによって、本当なら通年分の固定資産税を経費として計上(損金)に立てたいのに、払ってないからできないのでは?と思われがちです。

●固定資産税納付書が届いたらすぐに損金算入
事業用の経費は、一年間にかかった(またかかるべき)経費をその年に計上して、年間の収支を確定させます。先に支払う予定でまだ支払えていない経費(同様に回収できていない売り上げ)も、年間の収支に加えなければなりません。
本来なら、売り上げがあったとき・経費を支払ったときに帳簿をつけて、売り上げと経費損金を管理しますが、固定資産税はその支払いが確定したときではなく、納付書が届いてからすぐに損金算入してしまうのがよいでしょう。これなら、年間にかかるべき租税公課(税金や収入印紙などを示す科目)として忘れずに経費計上することができます。
実際に支払う予定が先の場合は、「未払い金」として損金算入します。払った分だけ、租税公課と逆の経理処理(逆仕訳)をすればいいのです。
注意しなければいけないのは、事業初年度から行っている経理の方法を変えないこと。税法上「継続の原則」というのがあり、年度によって方法をころころと変えるのは、健全な経理ではありません。
一年分を始めに損金として立てるか、または年度決算処理で最後にまとめて行うかなど、方法はいろいろありますので、依頼している税理士さんや専門の知識がある人に相談して、明瞭会計を行いましょう。

【著  者  長 岡  利 和】
 

max16011636_TP_V固定資産税を減額 持ち家のリフォームとローン

PAK75_bizman20140823093347_TP_V住宅ローンの審査 物件にも条件がある?

関連記事

  1. b8d2c173be45c32afb157e654f42e872_s

    不動産の適切な所得税申告 減価償却費計算の方法

    土地や建物の不動産を所有していると、固定資産税が毎年課税されます。これは市町村から納付書がとどいてか…

  2. 02b0bc6795ac199bc070e59ae6f06e7a_s

    不動産購入で手付金が必要な場合とその相場は

    土地や建物の購入は、通常買い物をして支払うシーンと同様に手軽に買えるような金額ではありません。購入す…

  3. a2710c480c2a56ec1c9d3dffd858c062_s

    マイホームの実状を知るタイミング 家の強さについて

    日本では、近年非常に大きな地震が頻発しています。その地震頻度は世界的に見ても多いほうで、安心して過ご…

  4. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s

    マイホームを手放すときの譲渡所得と特別控除

    住んでいた家を手放す理由は家庭によりけりでしょうが、売却して得る譲渡所得に対して、所得税が課せられる…

  5. 032b747959703e0dd57cea30c5630685_s

    戸建の寿命は物件次第?耐用年数との関係

    一戸建て住宅の寿命は、おおよそ30年程度と言われていますが、ご近所の住宅を一見しても、30年以上形を…

  6. 00cc1f05461757fbce209124e2d22e29_s

    マイホームローンの選び方 成功とリスクを考えて

    今、現在のタイミングでマイホームの購入に踏み切ろうと考える人の多くは、「超低金利時代のうちに」という…

  7. 987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_s

    不動産の買い戻し特約とは あらましと注意点

    一部不動産には、「買い戻し特約」という条件が付帯されていることがあります。この特約が付くことによって…

  8. ddbd73f0f9e732c28e39b9f95dcf829f_s

    マイホームの意外な節約ポイントは土地にあり

    一戸建て住宅やマンションなど、購入物件のスタイルはいくつかありますが、いずれも購入に踏み切るまでに思…

PAGE TOP