menu

我が家にも相続税が?控除額引き下げで対象者が増加

平成27年から、相続税に対する基礎控除額が引き下げられました。これまでは、『相続なんて「お金持ちの人が悩むこと」なんじゃないの』と思っていた人も多いはず。
どのくらいの財産があって、その所在はどこで、引き継ぐ人が誰なのか。特に持ち家のある世帯や家族は、相続対象者をあつめて一度真剣に話し合っておく必要がありそうです。

○相続税の納付対象者が増加したわけ
相続税の増税が施行されたのは平成27年1月1日以降の発生事由からです。以前と比べて、相続税基礎控除額が4割カットされました。

●基礎控除額がカットされるということは
遺産相続をする人は、その相続財産を任せる(自由に使える)権利が与えられます。親や兄弟姉妹の持っていた財産を、親族に引き継がせる行為です。
相続人にとっては、遺産が多いほど自分の財産が増えます。いわば不労所得です。配偶者を除く法定相続人の基礎控除額は、従前の制度では5000万円でしたが、一人当たり3000万円に引き下げられました。資産を持つ人の没後に、不労所得を得た相続対象者からの税金回収額を、これまでより増加させたいもくろみが見えてきます。

●相続税を計算する難しさ 重要なのは不動産価値
現実に、どれほど相続税を前向きに考えなければならないかというのは、その家庭や資産状況によって違います。
預貯金や株式など、金銭や金融資産が中心の場合、相続財産となるものの総額をしっかりと把握しておくのは難しくありません。
ただし、土地や建物といった不動産は、その時世での価格が元になります。建物は老朽化によって資産価値は一般的に減少しますが、リフォームした・太陽光発電を設置した場合は、価値が上昇します。土地の相続時価格とあわせてきちんと対象物の価値を把握しておくべきでしょう。

○「実家を誰が相続するか」が税額を左右するポイント
相続税が難しいと思われる理由のひとつに、贈与税との関係があります。実家を子どもが引き継ぐとき、また実家を建て直す(リフォームする)ために親子で共有名義の住宅ローンを組んだときなど、贈与と相続が大きく関連してきます。
生前に贈与税が関係する税制度を利用した場合、相続時に一括清算をしたり、贈与税制度の中で控除を受けた額がある場合には、相続人それぞれの税額が増加したり減少したりする可能性もでてきます。

●実家を子どもが相続して税額増加を抑える
被相続人が住まう家は、その後配偶者が住み続けるという生活を想像しますね。この場合、配偶者が家を引き継ぐ(相続する)と、基礎控除額が大きい「配偶者控除」を適用して、相続税が非課税になるケースが多いです。
しかし、子どもが同居しているなら、子どもに相続させて後の二次相続(子どもだけの相続)に備えると、二世代にわたる相続税の納付額が抑えられます。個別のケースによって最善の方法があるはずですので、税理士など専門家に相談してみると良いでしょう。

【著  者   長 岡  利 和】

6c9e0cd9cd358575ccdb523d21c1a6bf_s相続を知ったときから10ヶ月!延滞金を発生させない準備を

34d8009cd36d370a9ac0d1838c6b29d5_sJR中央線沿線に住む 電車生活を快適にするために

関連記事

  1. 025

    固定資産の価値と税金 住宅設備と性能・改修

    近年は、超低金利時代と言われていることもあり、新築住宅を購入する若者世代や、退職時期に絡めて建て替え…

  2. 83cf93dbceb12ef501d4b52844c3b449_s - コピー

    相続税を自分が支払うの? 延滞金督促が来る前に手続きを

    相続税が身近に感じられる様になったのは、税制改正が行われた平成27年からでしょう。土地付き一戸建ての…

  3. 0df34435c8d36af683f5794a5219df3d_s

    マイホームを取得する際にかかる税金は

    マイホーム購入を検討する時、住宅本体と消費税の他に多くの税金が課税されます。近年は納税すべき税金の総…

  4. coins-948603_1280

    相続税の延滞だけは避けたい!税の免除は後から再申告

    相続と相続税納付、泥沼の争いやトラブルは富豪に限った話ではなくなってきました。マイホームと土地、投資…

  5. 15b779dd15b1c7710f668a8a24541822_s

    住宅にかかる税金 購入時にはきちんと準備を

    新築、中古を問わずに住宅を購入した時には様々な税金が発生します。住宅を買おうと考えると、その建物や土…

  6. 5bb960d06413f00b27422f5993d1d5a7_s

    相続税を安く抑えるために 親子で対策にとりくむこと

    相続税の課税対象範囲が平成27年から拡充されました。相続をする家族の基礎控除額が引き下げられたためで…

  7. 4f1de3f438a794778d080bdd6ec63319_s

    住宅ローンとふるさと納税 ダブルで控除は可能か

    一昨年あたりから、非常に活発な動きをみせているのが「ふるさと納税」。自分が応援したい市町村の財政を助…

  8. 276dc362357463bee644b4d92b9d23d8_s

    無償あるいは低額での不動産譲渡で発生する税金の話

    不動産を無償か低額で資産移転が行われた場合に、取得費の計算と収入金額の計算に特別取り扱いがされる場合…

大和アクタス HPバナーLP_banner_02

最近の記事

  1. bfa32053097af111ffff956eb8017ccd_s
  2. 742549
  3. COW121034516_TP_V
  4. SEP_327215200714_TP_V
  5. 31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s
PAGE TOP