menu

親の遺産を平均に分けられない時の相続額調整はどうする?

相続税の基礎控除引き下げによって、相続税がこれまで以上に身近になりつつあります。相続財産を明らかにして、スムーズに申請ができる様に準備を整えようとする動きも、年々活発になっている様です。
相続で問題となるのは、相続人がそれぞれの持ち分に納得しないケース、そして分与が難しい相続財産をどの様に分けるかかが決まらないケースでしょう。

〇相続争いが起こりそうな分与方法に注意
遺産となるのは、現預金や動産、不動産など所有財産すべてに及びます。そして、相続遺産が多いお金持ちの世帯にだけ相続争いが起こるものでもありません。
分割する財産があれば、その額に関わらず何かしらのトラブルが起こる事を想定して、生前に被相続人はその分与方法をはっきりさせておく事が重要です。

●相続は平均に分けられない事の方が多い
相続をする場合、一応は法律によって「法定相続割合」が決められています。しかし、財産をどの様に分けるか書き記した遺言書には十分な効果があります。
法律で決まっているから、遺書があっても遺産分与があるはず…と思っている人もいるでしょうが、遺言書があれば、記述されている内容は法定相続分に優先します。
血縁で同一の血族なら、平均して持ち分を当たり前に主張できるというわけではないのです。

〇相続税は二度の平均額を見るという考え方
子どもの立場から見れば、相続をする場面は2度訪れます。両親それぞれが他界して、相続事由が発生した場合です。

●相続税額の高さがネックに 配偶者控除の利用
基礎控除額が引き下げられた事で、相続税を納める対象人数もここ2年で大きく変わりました。そんな中、どんな人でも税金支出はできるだけ抑えたいと感じるのは当然です。親の資産を受け継ぐ子どもの立場からみれば、配偶者控除をぜひ使いたいでしょう。
配偶者控除は、控除額が基礎控除額よりずっと大きいのが特徴です。家族の基礎控除では相続税を0にできない場合も、「配偶者控除を申請すれば、ほぼ税額が掛からないからお得だ」という話を聞いた事があるでしょう。
もちろん、配偶者控除を使った後には、もう一人の親を看取らねばなりません。前回の相続税申告時に配偶者控除を申請すれば次回は子どもだけの相続になります。

●二度の相続税額を具体的に計算してみる
一度目で配偶者控除を使わずに多少の相続税を支払った方が、二度目の相続税が安くなるケースがあります。
二度目の相続は子どもの立場からすれば、「父または母の遺産半分を受け取った後の、大きな相続財産を平均して分けたい」遺産です。
相続税シミュレーションをする時は、二度目の相続(こどものみで配偶者がいないケース)を想像しながら、初めの相続をどうするかを決める様にしましょう。

【著  者   長 岡  利 和】

cc0160170610_TP_V4相続で重要なのは不動産価額 土地の扱いを慎重に

0cd0f49ebf2f931ad49cc2db491b3d2d_s相続税と配偶者控除 メリットだけに目を向けずに

関連記事

  1. 5ffa7e8a381695b58870ee8f9964cc9a_s

    増税後の住宅に払う税金はいくら?新税率適用のタイミング 

    不動産を買おうとするときは、「いくらかでもお得に安く購入したい」と思いますね。実際に対価分の価値を購…

  2. 2fbce74156281d80162199ad952cbdf1_s

    固定資産税額で自宅の真の価値がわかる?

    固定資産税と都市計画税の算定をするために、新築物件の引渡しが完了した直後、市町村の担当者が自宅の内覧…

  3. 2ec28b7bf0b7b9a2b67dff6d81d65568_s

    不動産を売却した時 固定資産税はどうなる?

    住宅などの不動産にかかる固定資産税。一年分の支払額となるとまとまった金額になりますね。給与所得者なら…

  4. 4f1de3f438a794778d080bdd6ec63319_s

    住宅ローンとふるさと納税 ダブルで控除は可能か

    一昨年あたりから、非常に活発な動きをみせているのが「ふるさと納税」。自分が応援したい市町村の財政を助…

  5. children-593313_1280

    固定資産税を安くする方法はあるか?制度と土地活用

    4月は、固定資産税評価額の証明と合わせて、固定資産税納付通知書が届く時期です。土地や建物などの固定資…

  6. ffef4042909654e4619d2d85dfb1746c_s

    税金を取り戻す 所得税が還付される!確定申告を忘れずに

    新築または中古住宅を購入して、住宅ローンを利用する際によく言われるのが「確定申告をしましょう」という…

  7. 88-1

    相続税と特定人が取得した金品授受が「争続」を生む

    相続と、相続税納付の問題は、対象となる「法定相続人」の間で穏便に進めればいいという訳ではありません。…

  8. stock-624712_1280

    相続税の考え方と課税方法の元 基本通達を見る

    相続税課税対象者が、平成27年の法改正によって拡充される見通しとなったことは、不動産や相続財産を所有…

大和アクタス HPバナーLP_banner_02

最近の記事

  1. 114-1
  2. architecture-3338012_1280
  3. money-1428594_1280
  4. 754b236e35a10f38be0dd96eb2f2e790_s
  5. c6b9276ff23f9855729c497cadf9abe5_m
PAGE TOP