menu

建築基準法を元にした一般的一戸建ての主要構造

建築基準法(けんちくきじゅんほう、昭和25年5月24日法律第201号)は、国民の生命・健康・財産の保護のため、建築物の敷地・設備・構造・用途についてその最低基準を定めた、日本の法律である。引用:建築基準法(ウィキペディア)https://www.google.co.jp/search?q=%E5%BB%BA%E7%AF%89%E5%9F%BA%E6%BA%96%E6%B3%95%E3%81%A8%E3%81%AF&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b-ab&gfe_rd=cr&ei=PM-JV8K7C8PD8Aeml43gCw
戦後間もなくに施行された同法律は、ここ20年で繰り返されている大地震の影響もあり、適切な工法や基準を設けて数度の改正を行っています。最近のものでは平成26年に法改正がありました。

○住宅を建築するための法規

住宅建築は、建築基準法に則った建築・建設を基本とします。法令順守されたものでなければ、いくら広い土地があったとしても建築許可が下りません。
建築許可は、一般的な戸建の住宅ならば都道府県知事宛てに、マンションなどの大規模建築や、一部都道府県をまたがって建設する場合は国土交通大臣あてに許可申請を行います。
また、住宅地に一戸建てを新築する場合、その土地によってどんな種類や規模の建物を建てることができるかが、主に都市計画法の用途地域によって規制されています。
この用途地域の定めが、実質は建設予定の土地に建てることができる住宅の規模を規制し、防火対策や住環境を保つために必要な施設との併設を、どこまで認めるかという指標となります。

○一戸建て工法の代表例

一般的な住宅の工法としては、①木造軸組み工法と②ツーバイフォー工法、③鉄骨造、④プレハブ造が挙げられます。昔ながらの木造建築と言われるのは木造軸組み工法で、構造上の制約が少ないため、狭小地や変形敷地などにも柔軟に対応することができるのが特徴です。予算やこのみによって、いろいろな建材を選ぶことができるために自由度が高く、注文住宅などはこの工法を用います。構造材に防アリ・防腐処理をきちんと施しておくことが重要で、施工業者の技術の差がでやすい部分でもあります。信頼のおける施工業者を選ぶことが、家の将来に大きく関わるので、建築業者を選ぶ時は慎重に吟味するべきでしょう。
耐震性の高さや品質の安定が特徴のプレハブ工法は、近年最も多く扱われている住宅とも言われています。使用される建材は工場生産率が高いため、品質の安定が期待でき、工期も短くコストパフォーマンスに優れた商品がおおいです。実際にモデルハウスなどで仕上がりや仕様を確認することができる点も、建築予定者としては利点でしょう。
鉄骨造は、地震に備えて、主要構造部分に軽量鉄骨を使用した鉄骨軸組み工法や、重量鉄骨の柱と梁を接合したフレームを用いて強度を上げることができます。木造と違い、虫害や腐食の心配は少なくなりますが、参加しやすく熱に弱い性質があるので防さび処理や耐火皮膜を施す必要があります。梁や主要構造部分が強固なため、リフォーム施工に制約が多くなります。

土地の広さを元にできれば広く、建築基準を満たした満足のいく住宅を建てることが、施主にとって何よりの願いです。基礎工事から建材に至るまで、様々な仕様がありますが、注視すべき点は必ずチェックして、長く快適に住まう事が出来る住宅を実現しましょう。

【著者  長 岡  利 和】
 

5713bed635278e2663c647328e51d8ca_s坪単価を抑えて快適な住まいを手に入れる

72c437064ffdf653e1d41d65db6fc988_s空き家問題の現状とこれから

関連記事

  1. 9423afb8494bf6ab3b748bb86d47bbcf_s

    一戸建て住宅購入の契約にまつわる注意点

    一戸建て住宅の建築を依頼するときに、必ず取り交わされる「工事請負契約」。依頼する業者にとっては毎度お…

  2. 3b265cc7ae370c00a6550a21b7b846aa_s

    マイホーム購入 土地付き建売で後悔しない選び方

    持ち家を購入したいと思う人の中には、大別すると、マイホームに理想の住まい方を求める人と、住む場所を安…

  3. 561bcf601fe08bf8b5d8806b81d40b3c_s

    マイホームを転勤がきっかけで売却する場合

    仕事の事情とはいえ、転勤が決まると生活すべてがあわただしい変化を求められます。もちろん業務の引継ぎな…

  4. 041c2d300f4b313207a1775ff8a1446b_s

    中古物件マイホーム計画に必要な「時期」の確認

    マイホームを新築すれば住宅費が高くなる。分譲新築マンションは土地費用が要らないけれど、管理費を考えた…

  5. de8fe173aeb9c981e4c9c81d0a881298_s

    一戸建てかマンションか?それぞれのメリットとデメリット

    不動産購入の検討を始めたら、一番初めに悩むポイントが「一戸建てかマンションか」。どちらも賃貸ではない…

  6. 7a8ae198bb0931245eae435184c0e775_s

    不動産トラブルのリスクを回避 担当者との信頼関係

    不動産をどのあたりで探すか、購入時期はいつくらいを予定しているか等の計画が具体的になってきたところで…

  7. 9baaaabe0c9a7ac6b59480b53d0ef2b5_s

    新築住宅購入時にかかる税金:不動産取得税と軽減措置

    土地や建物の不動産を購入した際に、購入時一度だけ課税される税金がいくつかあります。その中でも不動産取…

  8. 0032

    不動産の価格検証 安い時期はいつか

    不動産の価格は、その時々で大きく変わります。しかし、それが賃貸物件か分譲購入対象物件かによって条件は…

大和アクタス HPバナーLP_banner_02

最近の記事

  1. bfa32053097af111ffff956eb8017ccd_s
  2. 742549
  3. COW121034516_TP_V
  4. SEP_327215200714_TP_V
  5. 31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s
PAGE TOP