menu

相続を今考える目的 将来の税軽減に向けて準備を

縁起の良くない話は、どうしても先送りしたくなるものです。例えば、病気の家族について話をするときや、両親のどちらかが亡くなったときのことなど、「今から事態が悪くなる話」を前向きに考えられない人もいるかもしれません。


ただ、心積もりをしておいたほうが良いということ、先延ばしにしてもいつかその時は来るということは、誰もが感じているでしょう。
そして、家や土地を所有する親の相続遺産をどうするか。マイナスのイメージだけで話をするのではなく、相続税をできるだけおさえるという目的を明確にしておきましょう。
家族みんなが少しでも楽に、得になる策を、早い段階で講じておけば、将来に起こるかもしれないトラブルを防止に役立ちます。

○実家の一時相続と二次相続 税額の違い
相続財産のうち、最もトラブルになりやすいのが実家(建物不動産)です。父(母)親が他界して母(父・配偶者)が相続することを一時相続といいますが、このときは税の基礎控除が大きいので相続税がかからない、または税負担が軽く済むケースが多いです。
問題になるのは、子ども世代だけでする二次相続の場合です。配偶者軽減措置がなくなり、基礎控除額がへるので、一時相続のときよりも課税が重くなります。

○相続で分けられない実家をどうするか
土地は分筆ができますが、家(建物)は、現実的にそのものを分配することができない、という点が悩みの元です。
そのまま家を相続人の誰かが継承する(現物分割)・売却して現金を分ける(換価分割)・それぞれの相続財産価値に合うように、引き受けた不動産との差額を代償する(代償分割)という3つの方法から、皆が協議して選ぶことになるでしょう。

○「誰が実家を引き継ぐか」で相続税の増減も
被相続人が他界して、相続人が財産の分与を受ける際に、実家をそのまま居所として使う目的があるかどうかが大きなポイントです。
もし実家を誰かが相続するなら、相続対象者のうち「土地の相続は同居していた家族が」引き受けると相続税をおさえられる可能性が高まります。

●小規模宅地等の特例で相続税を
小規模宅地等の特例とは、「330平方メートルまでの宅地評価額のうち8割を減額して相続税額の算定を行う」ものです。
配偶者は条件無く適用されますが、子どもが相続する場合には、いくつかのチェックポイントがあります。
「子どもが親と同居していたこと」、または「別居していたが持ち家がないこと」。この条件に合致すれば、特例を受けて相続税をおさえることができます。
相続税の改正によって、課税対象者が増加しました。適用される軽減特例もあるので、相続税を軽減するという目的をかなえるためにも、早めに考えや思いを確認して、具体的なイメージを相続人同士が共有しておくと良いでしょう。

【著  者   長 岡  利 和】

afb2acf8d69eda81fa6068f1be0ee49d_s中央線沿線の便利でお得な物件がある駅は?

f77392e0752844eb4419f7dd82bde62c_s住宅ローンとマイナス金利について 低金利の理由は

関連記事

  1. 6c9e0cd9cd358575ccdb523d21c1a6bf_s

    相続を知ったときから10ヶ月!延滞金を発生させない準備を

    相続をする、ということは、親または近しい親族の死亡を意味します。決して明るい話題ではなく、ついつい現…

  2. b8d2c173be45c32afb157e654f42e872_s

    マンションを所有している場合にかかる固定資産税とは

    固定資産税とは?マンションを購入した場合、資産を所有するということは毎年土地と建物にかかる固定資産税…

  3. 0051

    マンションにかかる税金 固定資産税額の計算方法は

    一戸建ての住宅を所有している人、また分譲マンションを購入した人など、不動産(土地・家屋)を所有してい…

  4. money-1428594_1280

    不動産と固定資産税 消費税を合わせて考える必要性とは

    土地の購入には、消費税が課税されないということを知っている人は多いでしょう。しかし、建物には購入時に…

  5. 7d857e7d00e7d2849fa075bc609c55b9_s

    親子で納得する相続税対策 二世帯住宅という方法

     家族との別れは何より悲しいもの。しかし、相続や相続税の話が出れば、その悲しみもかき消されてしまうほ…

  6. 276dc362357463bee644b4d92b9d23d8_s

    無償あるいは低額での不動産譲渡で発生する税金の話

    不動産を無償か低額で資産移転が行われた場合に、取得費の計算と収入金額の計算に特別取り扱いがされる場合…

  7. stock-624712_1280

    相続税の考え方と課税方法の元 基本通達を見る

    相続税課税対象者が、平成27年の法改正によって拡充される見通しとなったことは、不動産や相続財産を所有…

  8. home-963347_1280

    引っ越しと固定資産税納付 住所変更はどうする?

    マイホームや土地を購入した人、またアパートなどの集合住宅を所有している人や、不動産投資目的で住まいと…

大和アクタス HPバナーLP_banner_02

最近の記事

  1. bfa32053097af111ffff956eb8017ccd_s
  2. 742549
  3. COW121034516_TP_V
  4. SEP_327215200714_TP_V
  5. 31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s
PAGE TOP