menu

相続時清算課税は慎重に 高い課税評価と盲点に注意

家を所有していれば相続税が掛かるかもしれない…。平成27年の相続税制改正によって、いろんな噂が広まっています。基礎控除額が引き下げられたことで、課税対象者が増加したのは事実です。実際に、相続税の計算をして、これまでは無縁だと思われていた人も、家の財産価値によっては課税されることになる可能性があります。


相続は、親族全員でいつかは話し合わねばならない問題でしょう。高い相続税を払うことになる前に、あらかじめ相続の方法や分与の話をしておくことで、子ども世代の税額を抑えられるかもしれません。
「いつか」の備えは早めに行っておく方が得策です。

○相続税と贈与をあわせて考える
相続税は、被相続人が死亡して遺産を受け継ぐときに、その資産価値に沿って発生する税金です。贈与は、被相続人が健在な間に財産を譲り受けることです。贈与を受けた場合にも贈与税という税目で課税されます。
しかし、生前贈与を親から受けるときに「相続時清算課税」を選ぶと、贈与額によっては贈与税がかからないことがあります。

●相続時清算課税とは
親・祖父母の年齢が60歳以上、贈与をうける子・孫が20歳以上の場合に限って、それぞれ2500万円までは贈与税が非課税になるという制度です。
例えば、子ども一人に対して親と祖父が生前贈与をするとしましょう。受贈者である子どもは、親からの贈与2500万円+祖父からの贈与2500万円=最大5000万円の非課税枠を得ることになります。

●相続時清算課税の注意点
実際に相続事由が起こった場合(被相続人の死亡)、それまで受けた贈与は当時の価格に沿って相続財産に加算して課税される事になります。
贈与時に課税されなかった分は、相続の時に合わせて税計算をするということです。また一度この制度を利用すると、撤回ができません。この点には注意が必要です。

○マイホームを購入する子どもへの贈与
住宅を購入する子どものために資金援助をしたいという親・祖父母もいるでしょう。住宅取得をするための資金を贈与するときは、年齢制限が外されます。
若い子ども夫婦が家を購入するとき、自己資金と返済を心配する親が子どもに援助する場合は、夫婦二人が相続時清算課税を選んで両親から最大で1億円を贈与税が掛からずに受取る事ができる計算になります。
贈与と相続は家族全員に関わります。そして、相続財産の評価は非常に難しく複雑です。
また、途中で撤回することが出来ない上、贈与税の基礎控除額110万円が利用できなくなります。
財産をいずれ子どもに相続させるなら…という親心で、同制度を使って子どもに住宅購入の資金援助をすると、もしかしたら後々、高い相続税を子どもが支払うことになるかもしれません。
親子できちんと話をして、頼るべき専門家の力も借りながら、上手く制度を利用する方法を考えましょう。

【著  者   長 岡  利 和】
 

c28e35929a2c3d1ac9e2022295026282_s住宅ローンは前倒しで支払いを 繰り上げ返済のススメ

64-2住宅ローンの返済を夫婦でする時の注意点 贈与税がかかる?

関連記事

  1. 0df34435c8d36af683f5794a5219df3d_s

    マイホームを取得する際にかかる税金は

    マイホーム購入を検討する時、住宅本体と消費税の他に多くの税金が課税されます。近年は納税すべき税金の総…

  2. stock-624712_1280

    相続税の考え方と課税方法の元 基本通達を見る

    相続税課税対象者が、平成27年の法改正によって拡充される見通しとなったことは、不動産や相続財産を所有…

  3. cc0160170610_TP_V4

    相続で重要なのは不動産価額 土地の扱いを慎重に

    土地や建物の不動産を、相続財産として子どもに残そうと考えている夫婦は多いもの。国税庁データによると、…

  4. 5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

    不動産を贈与してもらったら不動産取得税が掛かります

     平成27年に税制改正が行われ、相続税の基礎控除額が引き下げられました。それまで、事業や不動産を多く…

  5. a44c2ece5e097630565ce0f0ed05bb67_s

    固定資産税っていくらかかるの?木造住宅の場合

    年度が変われば、4月から自動車や固定資産、住民税など、いろんな税金の納付書が届き始めますね。新規一転…

  6. 0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s

    戸建の税金を誰が払うか 名義によって控除と税額が変わる

    マイホームを購入する時は、その購入者(支払いを行う人)が所有者となるケースが一般的です。しかし、ロー…

  7. 9c208ca774b2137264821eee610c3371_s

    固定資産税の評価・算定を行ううえでの問題点は

    固定資産税は、それぞれの市町村が算定して税額算出する地方税です。固定資産税を納付する際に、併せて徴収…

  8. TSURU17623A016_TP_V

    相続税の増税を防ぐ 評価減の特例を知ろう

    相続は、その来るべきと気にならないと、現実的に考えられないという人もいることでしょう。中には、「家族…

大和アクタス HPバナーLP_banner_02

最近の記事

  1. bfa32053097af111ffff956eb8017ccd_s
  2. 742549
  3. COW121034516_TP_V
  4. SEP_327215200714_TP_V
  5. 31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s
PAGE TOP