menu

相続税の考え方と課税方法の元 基本通達を見る

相続税課税対象者が、平成27年の法改正によって拡充される見通しとなったことは、不動産や相続財産を所有する被相続人とその家族にとって、大きな生活の転機となったことは言うまでも無いでしょう。
ただ、これまで相続税について「他人事」として過ごしてきた人たちがいざ、税金の納付について考える場合に、何からどう手をつけて良いか全く分からないと不安になるのも仕方がありません。

〇相続税についての情報と内容を公開 基本通達
相続税にまつわる基本通達の全ては、国税庁のホームページに掲載をされています。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/sisan/sozoku2/01.htm
税金の課税対象者やその内容、基本課税対象物と控除、特例措置についてなど、相続税に限らず、所得税や贈与税、法人税、消費税、印紙税、酒税といった間接税法にいたるまで、国民の納税にかかわる法の内容を閲覧することができます。
法令はその時々で、改正や変更、削除等が行われます。常に最新の情報を必要としますが、一般的にその改正点・変更部分をタイムリーに知ることは非常に難しいものです。
また、法律は過去の事例や独自の解釈元に事が進みます。個人の考え方や思い込みで「こうだろう・こうなるはずだ」という前提を元にすると、法に照らし合わせたときに思いがけない誤算をしてしまうことになります。不明な点は専門家の指示を仰ぎ、少しでも分からないことは税務署等に相談するようにしましょう。

〇相続税法とは
全7章、第63条で構成されています。現在では平成29年9月の改正までを国税庁ホームページに掲載しています。
気穂運通達を掲載している国税庁公式サイトと、その内容を一目すると、相続税は贈与税と密接に関係していることが伺えるでしょう。
第一節に相続税が、第二節に贈与税が併記されていますが、そもそも相続や贈与といった問題は、その多くが事業継承や株式・法人の相続について起こりえると解されていた節がいまだに強く感じられます。

●基本通達で着目すべき点の関係
元となる相続税の解釈をどのようにしたら良いかが分からないとき、この基本通達の事例に沿って、問題となっている事柄と照らし合わせて摘要範囲を考えていかねばなりません。
原則となる法律をどの部分になぞらえて解釈するか、それぞれに起こりえるシーンを想定して列挙しているQ&A(またはハウツー)の解説だと思えば分かりやすいでしょう。
特に、不動産所有や預貯金などをどのように遺産分割するのか不安に思う個人の場合、贈与と相続時清算課税や配偶者控除、財産評価、申告提出義務などの項目を一読しておくと良いかもしれませんね。
とはいえ、初めて閲覧する人にとっては、法律ならではの言い回しや迂回するような文章にもどかしさも感じるでしょう。どうしても理解が進まないときは、相続についての相談を得意としている税理士や弁護士を頼って説明を聞くのが、正しい解釈の近道です。

【著  者   長 岡  利 和】

house-3123525_1280相続遺産と住んでいる家 節税のポイントはどこにある?

window-3042834_1280住宅ローンで保証人を求められた…「物上」と「連帯」の違い 

関連記事

  1. 0bd5992b9a5938c56d5c000d5d75cf98_s

    固定資産税はだれが払う?売却時にトラブル回避を

    土地や建物などの不動産には、毎年固定資産税と都市計画税を納付することが、法律で定められています。この…

  2. 190199195dbace179a6ff80c18d0a216_s

    相続税対策を税理士に相談するときの報酬相場は

    土地付き一軒家を所有していれば、相続税が発生しかねない現在の法律。平成27年の税制改正で法定相続人の…

  3. 0d6a2b39f52f4f15938f0c3d43da7534_s

    こんなとき固定資産税はどうなる?転居編

    家庭の事情や仕事の転勤等、今すんでいるマイホームから転居して違う土地に移り住むことになってしまうとい…

  4. 02ae970ea4cd8b8fd0e3ff03324c7dc4_s

    戸建住宅でも維持費はかかる 固定資産税と考慮しておくこと

    マイホームをマンションと戸建てのどちらにするか比較した時に、維持費や修繕積立金が大きく関わるマンショ…

  5. 1b14b73da9cf3109993beda64001c47c_s

    相続税対策として住宅建て替えが注目される理由は

    近年何かと話題になっているのが、「不動産の相続と節税」。今所有している不動産を子どもや配偶者に相続さ…

  6. 88-1

    相続税と特定人が取得した金品授受が「争続」を生む

    相続と、相続税納付の問題は、対象となる「法定相続人」の間で穏便に進めればいいという訳ではありません。…

  7. a8ed9e08a2cd3ce964e91d7e9b04c875_s

    相続の分配と税対策 法定相続分ってなに?

    親が、わずかながらも子供や連れ合いに残したいと思い、まとまった資産を生前に作ったとしても、その分配に…

  8. bea4fb52c46bddb704ffd154e6338b27_s

    固定資産税が上がった?課税額の増加した仕組みについて

    固定資産税は、毎年賦課期日(1月1日)時点で不動産や償却資産の所有者なっている人に対して課税される市…

大和アクタス HPバナーLP_banner_02

最近の記事

  1. bfa32053097af111ffff956eb8017ccd_s
  2. 742549
  3. COW121034516_TP_V
  4. SEP_327215200714_TP_V
  5. 31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s
PAGE TOP