menu

相続税の債務控除 通信光熱代など日常生活費の扱いは?

相続問題は不意に訪れます。
それまで何の予兆もなく、健康に家族が暮らしていたなら尚更です。
法人の場合は、将来を予見して代替わり(事業承継)も視野に入れた相続関係のシミュレーションを行うこともありますが、個人の相続に対する備えは、その来るべき時が訪れてから慌ててしまうという人のほうが多いでしょう。
時代の流れとともに、エンディングノートや終活といった言葉が聞かれるようにもなりました。
備えあれば憂いなし。相続に関わる人は、不幸ごとだからと問題を先延ばしにせず、日々意識することが大切です。

〇分かりにくい相続財産を「見える化」する
相続にまつわる問題の多くは、被相続人が所有している資産と負債の詳細が分からないことが原因となるケースです。
相続税の申告方法が分からなければ、経験者や専門の税理士を頼って相談すれば良いのですが、相続の対象となるものがはっきりと分からない内は話が前に進みません。

●契約に基づく資産や負債の管理は早めに
相続財産の中でその価値が大きいもの、例えば株式、有価証券や土地建物といった不動産、定期預金や生命保険など、権利証や証書、契約書があるものはすべてまとめて残しておくと良いでしょう。通帳の所在もはっきりさせておきましょう。
また、借入金や連帯債務・保証についても同様に、契約書や借用書をまとめておきます。
株式売却や定期解約、債務の完済など契約内容が終了・変更した都度、まとめた書類を整理していくと、いざというときに親族全員が家じゅうを捜索せずに済みます。

〇日常的な支出の未払いは相続債務になる?
相続税の申告をする際に、被相続人の債務が残っていれば、資産から控除する(差し引く)ことができます。
ただ、かかる費用や未払金をやみくもにすべて控除できるわけではありません。
未払金の性質と契約内容によって、控除できるものか否かを確認しながら積算しましょう。

●日常生活支出 光熱費の未払いがあったら
毎日の生活を行う上で、ライフラインの維持は欠かせません。
もし、相続発生時に、被相続人が生活費用(電話代や光熱費)の支払いを滞らせていたら、これは「被相続人が支払うべきだった費用」ですので、債務控除することができます。
水道光熱費のような生活費用は、使用した分を後払いするものがほとんどですね。被相続人が使用したものに対する支払いは亡くなった後になることも多く、加えて未払があれば同じく債務として控除できるのは当然と言えるでしょう。

●光熱費の契約内容と債務控除計算
ただし、死亡後の光熱費は控除することが出来ません。
電力会社や通信会社は、ライフライン供給の契約を月単位で行うのが通例ですが、相続債務として控除する場合は、日割り計算するかまたは契約に則って月の未払分を債務に計上するか、いずれかの方法を検討することになるでしょう。
不明な点は、小さなことでも専門家に相談して確認しておきましょう。

【著  者   長 岡  利 和】  

285936cce7da12d0d94714d2ded8404d_s相続税の及ぶ範囲 各種年金の未収分は課税される?

6be481e32ea84a2af00d9f1e9c9fdf55_s住宅ローンは「年齢」と「将来」に沿わせて選択するべき

関連記事

  1. 1bfa59bec962cf190d3120cd89bf33c5_s

    相続税と他の税納付 二重課税にはならないのか?

    かねてより、民法改正が行われるという話がありました。そしてついに、相続分野の見直しを進めていた審議会…

  2. 11377557476c6a4361c7b4efb26d9717_s

    家族の財産相続と相続税 家がなくならないために

    大切な家族がなくなり、その家族が資産を持っていた場合、財産の相続手続きを行うことになります。資産が多…

  3. 40af49e7df6b3bf2bd6504ba35e58893_s

    親が亡くなる前に知っておきたい 相続のなぜ・なに

    生前に親の相続を前向きに話しておこう、という風潮が強まりつつあります。実際に具体的な話に及ぶケースは…

  4. bea4fb52c46bddb704ffd154e6338b27_s

    固定資産税が上がった?課税額の増加した仕組みについて

    固定資産税は、毎年賦課期日(1月1日)時点で不動産や償却資産の所有者なっている人に対して課税される市…

  5. 276dc362357463bee644b4d92b9d23d8_s

    無償あるいは低額での不動産譲渡で発生する税金の話

    不動産を無償か低額で資産移転が行われた場合に、取得費の計算と収入金額の計算に特別取り扱いがされる場合…

  6. office-620822_1280

    相続税が免除される国債があるって本当?その実態は

    相続税の基礎控除額が引き下げられてまもなく丸2年。その間に、マイホームや所有地を持たれる方々の話を聞…

  7. tsuruetoushi6_TP_V

    併用住宅にかかる固定資産税の割合とは

    マイホームを購入するときに、ハウスメーカーや不動産業者から、様々な説明を受けるでしょう。その中でも、…

  8. a0a08036b84fe1581eafccc924ba5276_s

    マイホーム購入と気になる減税制度 

    住宅を購入する際に、誰もが一度は耳にするのが「住宅に関する減税制度」の話でしょう。マイホームの購入時…

大和アクタス HPバナーLP_banner_02

最近の記事

  1. bfa32053097af111ffff956eb8017ccd_s
  2. 742549
  3. COW121034516_TP_V
  4. SEP_327215200714_TP_V
  5. 31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s
PAGE TOP