menu

固定資産税が上がった?課税額の増加した仕組みについて

固定資産税は、毎年賦課期日(1月1日)時点で不動産や償却資産の所有者なっている人に対して課税される市町村税。
この、固定資産税を納付するときと合わせて、都市計画税も一緒に納付することとなっています。

○土地の固定資産税はどうやって決まる?
住宅を新築するために、まずは土地購入をしたという人もいるでしょう。土地は住宅を立てることができる宅地以外にも、田・畑・山林・原野・雑種地など多くの地目わけがされています。
期の途中で地目変更をして登記簿の変更があった場合も、その年の賦課期日の地目によって課税されます。 

●課税標準ってなに?
土地は、景気や社会情勢によって価格が絶えず変更します。特に取引が多い宅地の場合、開発や住宅地整備などで評価と市場価格が大きく変わることもあります。
そこで、固定資産税の評価基準を使い、地も区別に定められている評価方法に沿って、原則3年に一度のペースで評価見直しを行います。
宅地の評価は、毎年公示される地価評価額の7割程度になるように調整がされています。この評価額から諸条件や税軽減措置を加味した額が課税標準です。

○家屋の課税評価方法
土地と違って、建物は建築年数がたつごとに、その価値は減少していきます。住宅購入した初年度がもっとも評価が高く、順次資産価値が減少していくごとに、固定資産税も原理としては安くなっていきます。

●新築のときより固定資産税が増加 なぜ?
住宅は減価償却していく(経年数に応じて価値が減少する)という考え方を基にすれば、毎年課税額が減少していくと思われがちですが、住宅分の課税額が4年目に増加していて驚く人も少なくありません。
これは新築住宅に対する減額措置が初年度から3年目まで採られていることが原因です。もっとも課税額が高くなるはずの初年度から、一般住宅の場合は3年間、長期優良住宅なら5年間は、算出された固定資産税額が二分の一に減額されます。
減額措置期間が満了した4年目(長期優良住宅は6年目)の課税額が通常通りに引き戻されるため、結果として固定資産税が前年より増加する、ということになるのです。
住宅は、住まい続けていると老朽化していきます。補修工事などを行ったときは建物価値が上がりますが、耐震改修やバリアフリー改修、省エネ改修の工事をすると、固定資産税が減額される制度もあります。
税金の減額制度や見直しは、毎年改正が行われます。主に4月の新年度予算から新たな制度がスタートすることもありますので、必要に応じて確認をしておくと良いでしょうね。

【著  者   長 岡  利 和】

b1d53804559c931b4ea196ed325b4cef_s住宅購入と固定資産税 ローン減税の特例をうまく活用する

909f860a95c77edadc7673f506b9bd4f_sJR中央線が通勤に便利 快速電車を上手に活用しよう

関連記事

  1. 80dc818397688d05ed6b9a90634c1e49_s

    消費税率と贈与に関するエトセトラ

    現在8%の消費税率ですが、2019年10月からは10%に上がる予定で、住宅はもちろん高価ですから、税…

  2. 67

    不動産物件にかかる贈与税と確定申告

    不動産物件を個人で贈与する場合、贈与税に気を付けなければなりません。しかし税金を支払わないといけない…

  3. 83cf93dbceb12ef501d4b52844c3b449_s - コピー

    相続税を自分が支払うの? 延滞金督促が来る前に手続きを

    相続税が身近に感じられる様になったのは、税制改正が行われた平成27年からでしょう。土地付き一戸建ての…

  4. f13c2bbb5be2c6bcf158fb0b80b29197_s

    相続した実家の空き家をどうする?活用方法は

    子どもが成人して独立し、結婚して家族が増えて家を買った。これだけの話を聞くと、親が安心できる・親孝行…

  5. 1bfa59bec962cf190d3120cd89bf33c5_s

    相続税と他の税納付 二重課税にはならないのか?

    かねてより、民法改正が行われるという話がありました。そしてついに、相続分野の見直しを進めていた審議会…

  6. YUSEI_syudennogashita_TP_V

    固定資産税の特別措置と空き家・更地の関係

    近年話題になることが多くなった「空き家」の問題。実家を離れて生活している子どもが家を所有し、実家の両…

  7. tsuruetoushi6_TP_V

    併用住宅にかかる固定資産税の割合とは

    マイホームを購入するときに、ハウスメーカーや不動産業者から、様々な説明を受けるでしょう。その中でも、…

  8. 88-1

    相続税と特定人が取得した金品授受が「争続」を生む

    相続と、相続税納付の問題は、対象となる「法定相続人」の間で穏便に進めればいいという訳ではありません。…

大和アクタス HPバナーLP_banner_02

最近の記事

  1. bfa32053097af111ffff956eb8017ccd_s
  2. 742549
  3. COW121034516_TP_V
  4. SEP_327215200714_TP_V
  5. 31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s
PAGE TOP